CAPAとは Corrective and Preventive Action:是正措置・予防措置 

公開日: : 最終更新日:2014/04/19 Blog ,

  • 医薬機器や体外診断薬の製造管理、品質管理に関する従来の法規制がQMS(Quality Management System:品質管理監督システム)省令として再編されましたが、その中で特に注目されるのがCAPA要件が明記されている点です。
  • QMS省令では,是正措置を「不適合の再発を防止するための不適合の原因を除去する措置」,予防措置を「起こり得る不適合の発生を防止するためにその原因を除去する措置」と定義されています。
  • CAPA品質システムの中心となるのは品質に関する欠陥や誤り、不調の原因を取り除く処置と、不適合の再発の原因を取り除くための効率的でシステマティックな処理です。
  • CAPAの考え方は医薬品業界の査察のために米国FDAが開発し、その手順は品質に関する査察規制が適用となる品質システムの中で最も重要なものとなりました。このCAPAを導入することにより医薬品製造企業における不適合の発生率を確実に減少させることが出来ます。
  • CAPAは欧米の医薬品関連の法規制でも明示的に要求されているわけではありませんが、『改善』を突き詰めていくとCAPAにいたることから、欧米の医薬品業界ではCAPAの概念の導入、検討が盛んに行われています。

ad336

関連記事

no image

医薬経済学(薬剤経済学/ファーマコエコノミクス/Pharmacoeconomics)

医薬経済学(薬剤経済学/ファーマコエコノミクス/Pharmacoeconomics)とは、 医薬品

記事を読む

no image

2013年度の新医薬品の承認件数が過去最高となりました。

医薬品医療機器総合機構(PMDA)によると、2013年度(平成25年4月1日から平成26年3月31日

記事を読む

no image

禁忌とは

医薬品を投与する場合、症状を悪化させるとか重篤な副作用があらわれる場合に用いられる。たとえばアトロピ

記事を読む

no image

治験の第3相試験でのリスク軽減:アダプティブ用量反応試験

医薬品開発のための治験において、比較的大規模になるフェーズ3(第3相試験)で用いる用量を適切に選択す

記事を読む

no image

薬剤疫学とは

薬剤疫学とは人の集団における薬物の使用とその効果や影響を研究する学問 「人の集団における薬物の使用

記事を読む

no image

混合診療(こんごうしんりょう)

保険診療(保険給付の対象となる医療行為)と保険外診療(保険給付の対象とならない医療行為=自費診療)を

記事を読む

gmp26

平成26年度GMP事例研究会

日本製薬工業協会品質委員会・医薬出版センター共催で毎年東京・大阪で開催されています。 申し込み

記事を読む

no image

医療用医薬品製品情報概要とは

医療用医薬品に関する正確な情報を医療機関など医薬関係者に伝え、その医薬品を適正に使用してもらうために

記事を読む

no image

PIC/Sが正式に日本の加盟を承認しました(2014年7月1日から)

PIC/S(医薬品査察協定および医薬品査察協同スキーム)委員会の総会が2014年5月16日にイタリア

記事を読む

no image

GMPとは

GMPとは「医薬品及び医薬部外品の製造管理及び品質管理の基準」のことで、これを略してGMP(Go

記事を読む

ad336

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

ad336

PAGE TOP ↑